ご存知ですか…

機能方法

遊星歯車装置 (PLG) はその名の通り、中央に位置する太陽歯車がモーターで駆動し、作動します。この太陽歯車が、周囲を回転する3つの遊星歯車に動作を伝達し、これらの遊星歯車が1つの段を形成しています。遊星キャリアのベアリングピン上に配置されています。遊星キャリアの一端は出力軸に固定されており、動力を出力に伝達します。外側では内歯車と呼ばれる、内側に歯があるギアボックス内の遊星歯車が回転します。

特性

入力および出力は同軸上に配置されています。軸は同じ方向に回転します。PLGは左右回転、交互運転、連続運転、断続運転に適しており、効率が高い点において非常に優れています。コンパクトな構造により、最小の設置スペースでも他の歯車装置と比較して高い出力密度とトルク伝達を提供します。

出力トルク

出力トルクは遊星歯車装置を選択する際に最も重要なパラメータです。減速装置は比較的高いモーター回転数をより低い出力回転数に下げます。その際、出力トルクは反比例して高くなります。

接続フランジ

ここでPLG製造メーカーの柔軟性を見ることができます。IMS Gearの遊星歯車装置は原則的にすべて (!) のモーターに適合させることが可能です。入力側および出力側に関して個々のソリューションが可能です。

出力の負荷

様々な製造メーカーが異なる測定方法を採用しているため、比較する際には特に注意する必要があります。ご要望があれば、特別な使用事例のために全パラメータを考慮した上で最大アキシャル荷重およびラジアル荷重を算出いたします。大きい荷重でも、建設的な措置が可能です。 お問い合わせください。

動作ダイナミクス

高い動作ダイナミクスは、慣性モーメントが低いこと、スムーズな動き、摩耗が少ないことによって達成されます。IMS Gear Planetary Gearsは、有用かつ可能であれば常に遊星歯車に金属の代わりにプラスチックを使用します。そうすることにより、慣性モーメントがより低くなるからです。スムーズな動きは、必要に応じて、高品質のニードルベアリングによって、または金属とプラスチックの有利な摩擦係数、特殊な歯形設計により摩耗がわずかであることによって、そしてプラスチックの歯車を使用することによって実現します。IMS Gearの典型的な材料混合は非常に優れた動作ダイナミクスを保証します。

動作係数 cB

カタログに記載されている動作係数cB = 1.0は、一定の回転方向、および衝撃荷重はなく、1日につき3時間での耐用期間に基づいています。

動作温度

使用温度範囲は材料および潤滑によって異なります。弊社の標準潤滑の純金属バージョンでは−30°から+120° C、プラスチック製のPKシリーズでは−15° から+65° Cです。

シール対策

保護等級はDIN EN 60529に準拠して定義されています。IMS.baselineの歯車装置の保護等級は以下の通りです:
焼結軸受の歯車装置: IP 40
ボールベアリングの歯車装置 (2 RS): IP 53
ご要望に応じて、より高い保護等級も実現できる、出力側およびモーター側のシールも提供しています。

装着位置

グリース潤滑により、IMS Gear遊星歯車装置はどのような装着位置でも設置することができます。垂直に配置されている出力では、お問い合わせいただければさらにシール対策も行うことができます。

ギアバックラッシュ

ギアのバックラッシュは、負荷の種類、段の数、ベアリング、施工、または材料の組み合わせなど多数の要因に左右されます。様々な製造メーカーを比較する場合は、ここでも統一された測定方法がないことに注意する必要があります。

ボールベアリング

標準ではベアリングフランジのボールベアリングの外輪はしまりばめ、出力軸の内輪はすきまばめになっています。必要に応じて他の嵌め合いを行うことも可能です。

寿命

環境条件、駆動システムの稼働データによりますが、PLGの寿命は200~15,000時間です。適用可能性が多様なため、寿命に関して普遍妥当的な判断をすることはできません。

納入範囲

IMS Gear Planetary Gearsからは、ご要望のあらゆるモーターと歯車装置が完全に組み立てられテストされて、または自分で組み立てる場合にはモーターのピニオンとともに個別に納品されます。

潤滑

弊社のPLGはグリースで潤滑処理が施されているため、耐用期間中メンテナンスフリーです。要件プロファイルに応じて、10種類以上の選択肢から最適な潤滑剤を選択します。

低騒音歯車装置

最適な騒音挙動を達成するには、モーターのエンドプレート、フランジ、軸の同心度、アキシャル方向の振れに関する高い要件を満たす必要があります。はすば歯車によって軸力はモーター軸に作用します。ここでは、モーター軸ベアリングの十分な寸法測定に注意する必要があります。はすば歯車のグリース作用に対処するには、ラジアルシャフトシールリングまたはシールされたモーターベアリングが適切です。

過負荷トルク

最大過負荷トルク (衝撃荷重) はモーターの始動時など、許容出力トルクの一時的な超過として解釈されます。プラスチック製のPLGの最大過負荷トルクは同時に許容出力トルクです。対して、プラスチックと金属の組み合わせ、または全金属のバージョンでは最大過負荷トルクは許容出力トルクの1.5倍になります。

減速

太陽歯車と遊星歯車の歯の数を変更すると、一段で様々な減速が可能になります。IMS Gear Planetary Gearsでは最高四段まで減速を組み合わせます。それによって様々に異なる歯車装置要件の非常な多様性を実現することができます。

熱処理

金属部品の硬化における構造の変化は、歯車装置の強度および摩耗挙動にプラスに作用します。IMS Gearには、社内に独自の硬化設備があります。すべての金属加工が社内で行われるため、硬化に様々な種類の鋼鉄を選ぶことができます。

効率

ギア効率では歯車の転がりのみが考慮されているのに対し、ギアヘッド効率では全ベアリングの損失が考慮されています。必然的にギアヘッド効率はギア効率よりも低くなります。統一された測定方法がないため、様々な製造メーカーの効率を比較する場合は常に、特別な注意を払う必要があります。この点に関して特別なご要望がある場合はお問い合わせください。

すべてのデータは基準値です。誤差がある可能性がありますが、それは例えば統一された試験方法および測定方法がないこと等に起因します。詳細な情報は 弊社まで直接お問い合わせください。技術的変更は原則的に留保されています。